大きくする

Pocket

靴がキツイ場合、靴修理店で横幅を伸ばす機械にかけて調整してもらうというのも一つの方法です。少々キツイ靴を無理して履いても、多少履けないことはないにしても健康を害してしまうかもしれません。そもそもみなさん、靴はある程度小さくてもすぐに皮は伸びるものと理解していたのかもしれません。自分で少し強引に皮を伸ばして履ける靴もあるかもしれませんが、やはりお店で修理してもらうことで、自分でやるそれとは全く比較出来ないほど完成度が高くなります。

様々な方法があるかもしれませんが、一般的には靴の中に金型を入れて、つま先の方をググッと広げて固定する作業をして行きます。そして、そのまま何日かおいておくことによってより大きな効果を期待することが出来ます。そのとき、縦の方向に関して、まったく伸びないということはないのですが、効果はそれほど期待出来ないので注意をしてください。

しかし、私達のモチベーションは、まずは修理以前にしっかり自分の足にあった靴を購入することではないでしょうか。靴紐がある靴は少し大きくてもインソールを入れて靴紐をしっかりしめれば、ある程度の調整は出来るものですが、靴紐やストラップのない靴などは注意をしなければなりませんし、靴底がプラットフォームタイプや、厚底という場合、サイズがぴったりだとしても、靴底が曲がりにくいのでかかとが脱げてしまうようです。

関連サイト・・・靴修理依頼_靴専科