靴修理で愛用の靴を長く履こう!

Pocket

靴修理の中でもとくにニーズが高いのが、ヒール巻きと呼ばれるリペアです。ヒール巻きは、女性のパンプスやハイヒールのリペアでもお馴染みのサービスと言えます。靴修理のお店では、大概はこのヒール巻きのリペアを行っていますので、料金表などでその名を見たことがあるかもしれませんね。ここでは、ヒール巻きを取り上げて解説していきます。

ヒール巻きってどんなリペア?

ヒールヒール巻きは、靴のヒールの部分の素材を一部交換するリペアです。ハイヒールやパンプスといったヒールのある靴には、踵を支えているヒールブロックという部分があります。このヒールブロックに巻いてあるのが、革や合成皮革などの素材です。ヒールブロック自体は木やプラスチックなどで作られていますが、表面には革や合成皮革を巻いて見た目をよくしています。このような表面の素材には、歩いているうちに傷やめくれなどが生じることが少なくありません。ヒール巻きのリペアでは、傷んだ表面の革や合成皮革などを交換します。靴の色やデザインに合わせて好きな素材を選べるのが、ヒール巻きの1つのメリットです。例えば、ブラックの靴のヒール巻きをする際には、木目調などの素材を選んでデザインにちょっとした変化をつけることもできます。ヒールの部分を目立たせたくないときには、ヒール巻きでも靴の色やデザインに馴染みやすい素材を選ぶことが可能です。ちなみに、ヒール巻きではヒールリフトと呼ばれるヒールの底についている素材も交換をします。

ヒール巻きはどういったときに役立つの?

ヒール巻きは、ヒールの表面だけをリペアしたいときにとくに便利なサービスです。靴のヒールは、歩行中のちょっとした衝撃で傷がつきやすい部分です。実際、おろしたての靴のヒールに傷やめくれなどが生じてしまった、という方も少なくないのではないでしょうか。ヒールの部分に生じた傷やめくれなどは、思いのほか人目につきやすいのが難点。このような場合、ヒール巻きのリペアができれば新しい靴を諦めずに済みます。ヒール巻きのサービスを利用すれば、最小限の費用で元のような状態に戻すことが可能です。ヒールブロックや靴の他の部分がそっくりとしており、まだまだ履けそうなときには、ヒール巻きという方法で靴を蘇らせることができるわけです。また、ヒールの先端に付いているトップリフトが減ってきた場合にも、ヒール巻きは1つの選択肢になるでしょう。もちろん、トップリフトだけを交換することもできますが、古い靴をリメイクしたい、といったときには、ヒール巻きでシンプルな靴をオシャレなデザインに生まれ変わらせるという方法もあります。

ヒール巻きのプロセスは?

プロが靴修理でヒール巻きをするときには、最初にヒールの部分を分解するところから作業がスタートします。ヒールブロックやトップリフトなどを取り外してから、巻き替えの作業をするのがヒール巻きの一般的な流れです。例えば、あるお店が行っている作業では最初にトップリフトの部分を取り除き、次にヒールブロックを取り外していきます。ヒールブロックの状態を一通り確認したら、簡単なクリーニングを行って新しい素材を巻く準備を行います。ヒールブロックを靴本体から取り外すことで、新たに巻く素材の寸法を正確に計測できるようになるわけです。計測した寸法に合わせて巻き替える素材を裁断し、ヒールブロックの部分に貼り付けていくのが次のステップになります。革や合成皮革などの素材は、通常は接着剤でヒールブロックに接着をします。綺麗に素材を貼り終われば、ヒールブロックを元のように靴に取り付けて作業は完了です。この後、ヒールブロックの下にトップリフトを取り付けます。ちなみに、トップリフトの部分にはゴムなどが広く用いられています。

ヒール巻きの料金は?

ヒール巻きを依頼した場合の料金は、一般的に両足で2千円台から4千円台です。このようなリペアの料金は、使用する素材によっても前後します。お店の料金体系にもバリエーションがあり、どのお店に依頼するかによってもヒール巻きの料金は変わることがあるでしょう。通常の革や合成皮革、ゴムなどを使ってリペアをする場合は、両足のヒール巻きでも2千円台から3千円台の料金で済むケースが多いですが、少しグレードの高い素材を使用するとその分料金も上がります。例えば、トップリフトの部分に耐久性の高い特殊なゴムなど用いた場合は、やや料金が高くなります。ヒール巻きの素材にはピンからキリまでありますので、実際の料金はケースバイケースと言えるでしょう。靴の状態によっては、ヒール巻き以外の修理が必要な場合も出てきます。オシャレなスタックヒールなどを取り入れたい場合は、ヒール巻きではなく、ヒールブロックを交換する修理が必要です。こういったヒールの交換が必要になると、両足で4千円前後の料金がかかることもあります。

ヒール巻きはどこに頼めばいい?

ヒール巻きのサービスは、靴修理の専門店などで依頼することができます。お店の中には、合い鍵の作成やバッグの修理と合わせて靴修理のサービスを行っているところもあります。このようなお店は、駅の構内やショッピングセンターの中などに入店しているケースが多く、買い物や通勤の際にも利用がしやすいです。また、近隣に靴修理のお店がないときには、インターネットなどを利用してヒール巻きを依頼するという方法も可能です。一部のお店では、宅配でもヒール巻きなどの靴修理を受け付けています。この手のサービスを利用すると、修理が終わった後に靴を自宅まで返送してもらうことができます。重い靴を持ち歩きたいないときや、お店まで行く時間がないときにも便利なのが、こういったインターネットで注文を受け付けるお店です。また、メーカー品やブランド物の靴の場合は、販売元で修理サービスを行っているケースも見られます。特殊な素材や高級な素材を使用している靴については、こういったサービスを利用してみるのも1つの方法になるでしょう。

靴の寿命はメンテナンス次第!信頼できるお店があれば安心です

消耗品の1つである靴は、履いているうちにどうしても傷みが生じてきます。着用中に生じるダメージを最小限に抑えてくれるのが、ヒール巻きなどの靴修理です。こまめにリペアをしていれば、大切な靴を長く履くことができます。気軽に相談ができる靴修理のお店を見つけておくと、必要なときにすぐにリペアを依頼することができるでしょう。

関連サイト・・・靴修理依頼_靴専

 


参照リンク