靴のサイズ調整

靴のサイズ調整をしてもらおう!

大きくする 16/09/12

靴がキツイ場合、靴修理店で横幅を伸ばす機械にかけて調整してもらうというのも一つの方法です。少々キツイ靴を無理して履いても、多少履けないことはないにしても健康を害してしまうかもしれません。そもそもみなさん、靴はある程度小さくてもすぐに皮は伸びるものと理解していたのかもしれません。自分で少し強引に皮を伸ばして履ける靴もあるかもしれませんが、やはりお店で修理してもらうことで、自分でやるそれとは全く比較出来ないほど完成度が高くなります。

様々な方法があるかもしれませんが、一般的には靴の中に金型を入れて、つま先の方をググッと広げて固定する作業をして行きます。そして、そのまま何日かおいておくことによってより大きな効果を期待することが出来ます。そのとき、縦の方向に関して、まったく伸びないということはないのですが、効果はそれほど期待出来ないので注意をしてください。

しかし、私達のモチベーションは、まずは修理以前にしっかり自分の足にあった靴を購入することではないでしょうか。靴紐がある靴は少し大きくてもインソールを入れて靴紐をしっかりしめれば、ある程度の調整は出来るものですが、靴紐やストラップのない靴などは注意をしなければなりませんし、靴底がプラットフォームタイプや、厚底という場合、サイズがぴったりだとしても、靴底が曲がりにくいのでかかとが脱げてしまうようです。

関連サイト・・・http://www.kutsusenka.com/shoe-repair/

大きくする はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: 未分類

靴が大きい 16/09/08

靴を購入して、とてもお気に入りなのに、サイズがあわないというケースがあると思います。そういった時、お店に交換してもらうことが出来れば一番良いのですが、もう箱を処分してしまったり、サイズ自体がなかったり、それでもこの靴がお気に入りでどうにかして履きたいという場合があったとします。そんな場合にでも、靴修理によってサイズを自分のサイズぴったりにあわせてもらうことも出来てしまうのです。

靴が大きいという時、インソールを入れて調節するというのも方法です。問題はどのようなタイプかです。靴のつま先からかかとまでへ全体的に入るタイプのインソールを選択してしまうと、かかとの部分が高くなって、脱げやすくなってしまうので、まずはつま先の方だけに入るタイプのインソールを選択して試してみると良いです。

このような方法なら、見た目全然周囲の人たちに気づかれることもありませんし。ただしそれでも脱げるという場合もあるかもしれません。そのような場合、かかとの内側に貼り付けるクッションタイプのパッドがありますので利用してください。それでも駄目という場合もあるかもしれません。そのときこそ、プロの専門家の出番です。是非お店で相談をしてください。

靴が大きい はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: 未分類

靴サイズもぴったり 16/09/01

大事な靴だからこそ、しっかり靴修理の意識を持つのは大事なことです。シューズを自分で張り替えするという人たちもいます。硬質プラなどの保護材を打ち付けたり、ゴムが減った部分を補修パテで補うことや、すり減っているゴムを丸ごと取り替えるという作業まで、自分で出来ないこともありません。

シューズは、修理によって、長く履き続けることが出来ます。それは、自分で修理して安く仕上げても、可能かもしれません。保護プレートを打ち付けるアイテムは、ホームセンターなどでよく見る定番のアイテムです。しかし、お手持ちのシューズがタップのようになってしまうかもしれませんし、補修しているところが目立つということは修理にとって決してメリットではありません。シューズを修理していることが周囲の人たちに一目瞭然というのでは、紳士としてあるべき行為でしょうか。

機能的に履くという意味と同時に、おしゃれのためにも履いているのです。そのような専門のお店にもっていくことで私達は、もちろん機能をより追求することが出来ますし、充実したおしゃれ感を持続して楽しむことが出来ます。修理してもらうメリットって、それだけでないのです。シューズのサイズが あわないというとき、もう新しいものを購入するしか方法は残されていないのでしょうか。お店に持っていけば、そのようなモノも、あなたにぴったりのサイズに仕上げてもらうことが出来ます。ちょっと注目してみましょう。

靴サイズもぴったり はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: 未分類