靴が大きい

靴を購入して、とてもお気に入りなのに、サイズがあわないというケースがあると思います。そういった時、お店に交換してもらうことが出来れば一番良いのですが、もう箱を処分してしまったり、サイズ自体がなかったり、それでもこの靴がお気に入りでどうにかして履きたいという場合があったとします。

そんな場合にでも、靴修理によってサイズを自分のサイズぴったりにあわせてもらうことも出来てしまうのです。

靴が大きいという時、インソールを入れて調節するというのも方法です。問題はどのようなタイプかです。

靴のつま先からかかとまでへ全体的に入るタイプのインソールを選択してしまうと、かかとの部分が高くなって、脱げやすくなってしまうので、まずはつま先の方だけに入るタイプのインソールを選択して試してみると良いです。

このような方法なら、見た目全然周囲の人たちに気づかれることもありませんし。ただしそれでも脱げるという場合もあるかもしれません。そのような場合、かかとの内側に貼り付けるクッションタイプのパッドがありますので利用してください。

それでも駄目という場合もあるかもしれません。そのときこそ、プロの専門家の出番です。是非お店で相談をしてください。

関連:靴修理で愛用の靴を長く履こう!